01回 玉木文憲さん

02回 トーマス青木さん

03回 支刈誠也さん

05回 喜多圭介さん

06回 福堀武彦さん

07回 田野倉悟さん

09回 あまのしげさん

11回 柴崎昭雄さん

12回 大山真善美さん

13回 外岡立人さん

14回 木村司さん

15回 浜野伸二郎さん

16回 泉忠司さん

17回 阿波野ひみ子さん

18回 松浦徹郎さん

20回 玉木文憲さん

22回 濱口隆義さん

23回 佐藤ミツアキさん

24回 篠永哲一さん

25回 佐藤正子さん

26回 尹 達 世さん

27回 石黒敏明さん

28回 緋野 晴子さん

29回 菅原勇太さん

30回 山田博泰さん

31回 万彩タモンさん

32回 津田美智子さん

33回 物河 昭さん

34回 武田久生さん

35回 菅原やすのりさん

36回 朝あさおさん

37回 菅野正人さん

38回 支刈誠也さん

39回 丸子睦美さん

40回 山上安見子さん

41回 久保田隼斗さん

42回 坂東重明さん

43回 いづみかほるさん

44回 下田喜久美さん

45回 山蔭ヒラクさん

46回 ジョージ土井さん

47回 丸子睦美さん

48回 高橋てつじろうさん

49回 松本のぼるさん

50回 宇田川森和さん

51回 酒匂つよしさん

53回 加藤克信さん

54回 都環咲耶子さん

55回 横山ひろしさん

56回 三島慶子さん

57回 久保田隼斗さん

58回 平藤清刀さん

59回 長倉輝明さん

60回 福井絢子さん
NEW(2019/08/17)


第60回 福井絢子さん
 
福井絢子(ふくい・あやこ)
1944年大阪府生まれ、大阪市在住
産業カウンセラーとして企業・官公庁・大学等で働く
現在大阪文学学校研究科在学中
「雑記囃子」同人
雑記囃子二十一号 「七月十九日を忘れない」 
雑記囃子二十二号 「母の遺言」
雑記囃子二十三号 「母の遺品」
雑記囃子二十四号 「橋を潜る」


このたびの出版する著作「桜の樹の下で」は、随分前から書かれていたという事ですが。
書き始めたのは3年ほど前です。これを書きながら、同人誌に掲載する小説を書いていましたので長くかかってしまいました。それに単行本にするということで、意気込み過ぎて書けなくなっていた時期もありました。何度も書き直してようやく完成しました。


内容としては、福井さんの産業カウンセラーの体験に基づいたものですね。
一般の心理カウンセラーとは少し違うようですので、その業務の内容を教えてください。
この本の内容は私の体験を書いているのではありません。しかし長い間、産業カウンセラーとして活動してきましたので、その活動を振り返りながら、感じたり、考えたりしながら創作しました。
産業カウンセラーは主に働く人、これから働こうとしている人に対してカウンセリングを行っています。カウンセリングだけではなく、自分らしく生き生きと生活ができることを目指して研修等も行っています。仕事の範囲は多岐にわたっています。


小説「桜の樹の下で」のように、クライエントさんが突然、自死(自殺)されたようなケースというのはあるのでしょうか。そのときのカウンセラーの役割などはどんなものでしょう。
かなりあると思います。クライエントさんが自死されると、ご家族はもちろんですが、職場の人たちも大変なショックを受けられます。カウンセラーとしてはご家族のカウンセリングと亡くなられた方の上司、同僚の方たちのカウンセリングを行なうこともあります。


産業カウンセラーとして、もっとも気をつけていること。そして、これだけは守っているというようなものがございましたら。
いくつもありますが、まずクライエントさんの話されたことを外に漏らさないという守秘義務ですね。これがなければクライエントさんとの信頼関係を構築することは難しいです。それからどのようなお話であってもまずは共感的に聴き、そして受け止めるようにしています。答えは話し手の中にあると言われますが、話しながらクライエントさん自身が答えを見つけていかれます。
たくさんあり過ぎてここでは伝えきれません。


福井さんは、大阪文学学校に通い、「創作」の学習にも励まれている。
自分にとっての成果や、目標はどうでしょうか。
そうですね。芥川賞作家の田辺聖子さん、玄月さん、直木賞作家の朝井まかてさんは大阪文学学校の先輩です。私は大阪文学学校は二度目の入学です。自分の作品をクラスのメンバーに合評をしてもらうのですが、結構厳しいご意見もいただきます。緊張の中にも充実した時間を過ごせています。
今後の目標としては、今回「桜の樹の下で」を出版しましたが、次の作品をできるだけ早く出版するということでしょうか。


まず、1冊目を出版することができました。是非、2作目、3作目を目標にしてもらいたい。
とするなら、福井さんはこんどはどんなテーマの作品を書かれるのでしょうか。
家族の様々な形を書きたいです。社会の変化とともに家族の形体は急激に変化をしています。家族ゆえの難しさや、生きにくさを書いてみたいです。
それに「桜の樹の下で」の主人公をもう一度登場させて、この続編も書きたいですね。