01回 玉木文憲さん

02回 トーマス青木さん

03回 支刈誠也さん

05回 喜多圭介さん

06回 福堀武彦さん

07回 田野倉悟さん

09回 あまのしげさん

11回 柴崎昭雄さん

12回 大山真善美さん

13回 外岡立人さん

14回 木村司さん

15回 浜野伸二郎さん

16回 泉忠司さん

17回 阿波野ひみ子さん

18回 松浦徹郎さん

20回 玉木文憲さん

22回 濱口隆義さん

23回 佐藤ミツアキさん

24回 篠永哲一さん

25回 佐藤正子さん

26回 尹 達 世さん

27回 石黒敏明さん

28回 緋野 晴子さん

29回 菅原勇太さん

30回 山田博泰さん

31回 万彩タモンさん

32回 津田美智子さん

33回 物河 昭さん

34回 武田久生さん

35回 菅原やすのりさん

36回 朝あさおさん

37回 菅野正人さん

38回 支刈誠也さん

39回 丸子睦美さん

40回 山上安見子さん

41回 久保田隼斗さん

42回 坂東重明さん

43回 いづみかほるさん

44回 下田喜久美さん

45回 山蔭ヒラクさん

46回 ジョージ土井さん

47回 丸子睦美さん

48回 高橋てつじろうさん

49回 松本のぼるさん

50回 宇田川森和さん

51回 酒匂つよしさん

53回 加藤克信さん

54回 都環咲耶子さん

55回 横山ひろしさん

56回 三島慶子さん

57回 久保田隼斗さん

58回 平藤清刀さん

59回 長倉輝明さん
NEW(2019/02/20)


第58回 平藤清刀さん
 
平藤清刀(ひらふじ・きよと)
ブックライター。1962年、大阪府生まれ。
陸上自衛隊から警備会社勤務(警備職)を経て、1991年からフリーランス。
ビジネス書の原稿執筆を数多く手がけるほか、取材記事、著名人のインタビュー、創作など執筆ジャンルは広い。
著書に「自衛隊ウラ話 喋り出したら止まらない」「自衛隊vs米軍もし戦わば」「自衛隊の掟」などがある。
現在は「Writing office 創稿舎」として大阪を拠点に活動中。
WEB http://wos.cool.coocan.jp/

はじめて平藤さんとお会いしたのは、某喫茶店でした。
あの夜の数日前、ドニエプル出版の代表取締役社長・小野元裕さんから「読書会をするから来ませんか」と声をかけていただきました。課題図書は神家正成の「深山の桜」で、南スーダンに派遣された陸上自衛隊の派遣部隊で起こった架空ミステリーでした。私が自衛隊出身なので、専門的な見地からの感想や意見を期待されていたと思います。その読書会が終わって店を出ようとしていたとき、たまたま富樫さんが店におられたので紹介していただきました。


平藤清刀(ひらふじ・きよと)というお名前の由来を教えてください。
しばしばペンネームだと思われることがあります。が、これは戸籍に記載されている本名です。
父の郷里は福岡県で、いまも本家筋の親戚がおります。祖父(1996年没)が40年ほど前に会社を定年退職したあと、お金とヒマができたので平藤家のルーツを調査しました。結果、ルーツは富山県にあって、住んでいた「藤平村」という村名をひっくりかえして「平藤」と名乗ったとか。ウソかまことか確認する術はありませんが、先祖は壇ノ浦の戦いで戦死したと言い伝えられています。
「清刀」は、「清」の一文字だと悪人になる相だというので、父がたまたまおもちゃの「刀」を目にしたことから「清刀」と書いて「きよと」と読ませることにしたと聞いております。


平藤さんの肩書きに「ブックライター」とありますが、あまり一般的な名称ではないので少し解説をお願いできますか。
たしかに、一般的ではないと思います。世の中に数多くいる「ライター」とか「フリーライター」に埋もれてしまわないように、インパクトがあるけれどもウソにならない肩書を考えました。また、ある放送作家の講演を聴いたとき「名刺の肩書をライターにしている人は、どこか信用でけへんねん」とおっしゃっていたことが頭の片隅に残っていたこと、そしてライターデビューした初仕事が単行本だったことから「ブックライター」にたどり着きました。


平藤さんは、自衛隊勤務を経て、現在は自衛隊OBのような立場にあると聞きましたが、詳しく教えてください。
正しくは「予備自衛官」といいます。旧軍の「予備役(よびえき)」に相当する立場といえば分かりやすいでしょうか。じつは4年前までは「即応予備自衛官」として、予備役の中でも有事の際には最前線で任務に就く立場にありました。それが年齢制限でお役御免になり、今は後方支援任務に就く予備自衛官というわけです。
自衛隊で習得したスキルを維持するために、年に5日間以上20日間以内の訓練が義務付けられています。


平藤さんは現在「元・警備員が明かすホテル・銀行が嫌がる話」をメルマガにて連載中です。秘守義務もあるでしょうし話せる範囲で聞かせてください。
警備員として知り得たことは、「世間の常識」「社会の常識」から見れば、かけ離れたものになるのでしょうか。
ある種の「世間の裏側」を見ることはあります。私は入社当初に都市銀行の事務センターで常駐警備をやっていました。店舗とは違って、西日本全域のデータを扱う機関でしたが、そこで働く人は一般的にイメージされる「銀行員=エリートサラリーマン」とはかけ離れていました。ホテルでも、利用客への応対は、表面上は丁寧ですが、裏へ回ると必ずしもそうではない場面を散見しました。


では「ブックライター」のお話を聞かせてください。
平藤さんが手がけた図書で、もっとも印象に残る1冊をあげるとすれば。それはどんな内容だったのでしょうか。
2005年に出版した自著「予備自衛官になる本」(かんき出版)です。プロフィールに書いたように自衛隊を題材にした自著が他にもあったのですが、それらは現職時代の回顧録的な内容なので勝手に書けました。ところが「予備自衛官になる本」は当時発足して間もない「即応予備自衛官」という現在進行形の制度について即応予備自衛官が執筆するということで、自衛隊法の規定により、原稿を防衛省へ送って内容の審査を受ける必要がありました。担当の編集者に防衛省まで行っていただいたり、一般の出版とは異なる手順を踏んだりしたことと併せて、その時点で書きたいものが書けたということで思い入れの強い本です。


平藤さんは、ご指名を受けたら、何でも書けてしまう、万能選手のようなところがあると思います。
そこで、これから「ぜひ書いてみたい世界」や「これは絶対書けないな」と思う世界があれば教えてください。
父が亡くなる前の数年間は認知症だったことから、機会があれば認知症の家族を抱える人たちをインタビューして本にまとめてみたいと思うようになりました。メディアでは「認知症とどう向き合う」とか「認知症対策」など取りあげられることが多くなりましたが、実際に家族が認知症になってみると、決して美辞麗句やきれいごとでは片づけられない現実に直面します。批判を承知で言い表すならば、患者は人間の姿をした猛獣なのだと実感しました。そういった「リアルな実態」をありのまま書いてみたいですね。