01回 玉木文憲さん

02回 トーマス青木さん

03回 支刈誠也さん

05回 喜多圭介さん

06回 福堀武彦さん

07回 田野倉悟さん

09回 あまのしげさん

11回 柴崎昭雄さん

12回 大山真善美さん

13回 外岡立人さん

14回 木村司さん

15回 浜野伸二郎さん

16回 泉忠司さん

17回 阿波野ひみ子さん

18回 松浦徹郎さん

20回 玉木文憲さん

22回 濱口隆義さん

23回 佐藤ミツアキさん

24回 篠永哲一さん

25回 佐藤正子さん

26回 尹 達 世さん

27回 石黒敏明さん

28回 緋野 晴子さん

29回 菅原勇太さん

30回 山田博泰さん

31回 万彩タモンさん

32回 津田美智子さん

33回 物河 昭さん

34回 武田久生さん

35回 菅原やすのりさん

36回 朝あさおさん

37回 菅野正人さん

38回 支刈誠也さん

39回 丸子睦美さん

40回 山上安見子さん

41回 久保田隼斗さん

42回 坂東重明さん

43回 いづみかほるさん

44回 下田喜久美さん

45回 山蔭ヒラクさん

46回 ジョージ土井さん

47回 丸子睦美さん

48回 高橋てつじろうさん

49回 松本のぼるさん

50回 宇田川森和さん

51回 酒匂つよしさん

53回 加藤克信さん

54回 都環咲耶子さん

55回 横山ひろしさん

56回 三島慶子さん

57回 久保田隼斗さん

58回 平藤清刀さん

59回 長倉輝明さん
NEW(2019/02/20)

 
酒匂つよし(さこう・つよし)
1940年(昭和15年)高松市生まれ。
1963年(昭和38年)立命館大学法学部卒業
2000年(平成12年)香川県庁退職
2005年(平成17年)(財)かがわ健康福祉機構退職
「ずいひつ遍路宿」同人(2013年入会)
「四国作家」同人(2016年入会)


酒匂つよしさんとは、初めましてとなります。
ついては、この創作との「なりそめ」はどんな奇縁があったのでしょうか。
父が教員をしていたせいか、家には筑摩書房刊の「現代日本文学全集」が置いてありました。小学校の高学年頃からは学校から帰るとその全集を父の書棚から引っ張り出して読みふけっていました。知らない漢字はすっとばして読んでいました。と同時に自分でも書いてみたくなり、親に隠れるようにして筆を走らせていた記憶があります。


一口に創作の守備範囲は広い。今回の作品群は、酒匂さんの、得意とするものだと解しますが、それにしても、小説と随筆の二刀流。
小説は、時代小説も手がけられている。これはどのように仕込み、料理された作品なのですか。
基本的には関連の書物を手に入れたり、目にしたりすることで知識として溜め込んでおくことが大切なような気がします。上京の折には必ず神田の古書店街はのぞきますし、江戸の面影を探して一日中歩くこともあります。そうして蓄えて寝かせておいたものが、何か書きたいと思ったとき、自然に発酵して主人公が立ち上がってくれば「しめた」ものです。全てというわけにはいきませんが。


創作にも得意とする世界があるように、苦手とされる世界もあります。
酒匂さんが得意としないが、「書いてみたい世界」「挑戦したい世界」というのはほかにあるのでしょうか。
やはり香川で執筆している以上、郷土の先人のことを書いてみたいという気はあります。
それも既知の人ではなく、埋もれた人を発掘して書いてみたいと思っています。
たとえば、本書に収録の「蟻通勘吾」は、新撰組隊士の高松出身の方なのです。これから時間をかけて、郷土の名士を訪ね歩き、調べてゆきたいと思います。


今回の発表された作品は、酒匂さんの創作的集大成のようですが、ここに収録されている作品の自信作と、それにまつわるエピソードを聞かせてください。
「春近く」は新聞への応募作ですが、〆切日が目前に迫ってきて夜中に仕上げたものです。筋の展開の中には、10才だった駒蔵を継母が奉公先に置いて帰る際、振り返り、振り返りしながら去って行くシーンがあります。やはり継母と暮らしていた私も大学入学時のことですが、よく似た体験を味わっています。このシーンはそれを下地にして書かせてもらいました。


ひとりの作家は、自分の作品の範となる作家を得て、勢いつくといわれます。
酒匂さんの師とする作家、敬愛する作家としてお名前をあげるとしたら。また、その先生のどのようなところに惹かれたのでしょうか。
むろん、酒匂さんが、これから目指す世界にも重なるわけですが。
手あたり次第に目につく小説をよんでいたのが、社会人になって暫くしてから、ふと気づくと山本周五郎の作品をよく読むようになっていました。そこで小説の持つ面白さ、温もり、奥行きなどを知ったような気がします。
その後、藤沢周平の作品を読んだときもそうでした。