タイトル 運命の日 一九九五・一・一六
著者 濱口隆義 インタビュー
カテゴリー 小説
仕様 四六判・196頁・上製本
ISBN 978-4-903970-38-7 C0093

発行 10.02.10
定価 1,400円(本体)+税
あらすじ 1995.1.16の「神戸震災」前日を基軸とした、19篇のオムニバスストーリー。表題の「運命」のその日、人々は「なにをしていたのだろう」。
鬼気迫る筆致に息のむ展開が待っている。
濱口氏は、第67回「文学界新人賞」を「夏の果て」にて受賞。
「運命の日」は、「すばる」に掲載後、加筆修正した作品。

関連書籍