タイトル かぐや姫物語
著者 いづみかほる インタビュー
カテゴリー シナリオ
仕様 200ページ 相当
ISBN -

発行 -
電子書籍 定価 400円(本体)+税
あらすじ ご存じのかぐや姫物語であるが、設定は、「月の都で罪を犯した姫が いずこからでも(いずこからでも)月の裁きを(月の裁きを)待つ身」とある。
やがて、竹藪にひそむ姫が姿を現す。
いづみ流のシナリオの開演。
この作品のねらいは、人は愚かであるが愛と情けを持ったすばらしい生きものであるということ。人間の哀れな姿、それをまず最初の5人の求婚者達が滑稽に表現。無償の愛と情け、それを翁夫婦が切なく表現し、恋心も帝との場面で現れる

関連書籍