タイトル 長三絵日誌
著者 片山長三
編集 集藍会
カテゴリー 画集
仕様 菊判・282頁・上製本
ISBN 4-947683-38-4 C0071

発行 00.10.10
定価 3,000円(本体)+税
あらすじ 美術教員だった著者(故人)は、大平洋戦争直前の1941年から敗戦後にかけての7年間に描いた約1500枚を超える絵日記を遺した。開戦の報を聞く生徒、防空演習、空襲、戦後の風俗、被爆した教え子たちの家族など、半紙に描いた墨絵は生々しく、戦後の庶民の生活を知る貴重な資料である。昨年、本資料が自宅で発見され、新聞などに紹介された話題の「絵日記」である。本書では厳選された約130枚の絵日記を収録する。